2009/11/15

日本酒

        

日本酒 月の桂

category - 日本酒
2009/ 11/ 15
                 
にごり酒
友人のTさんと、偶然入った店でみつけた酒、「月の桂」、にごり酒といえば「月の桂」といわれるほど、数々の文人もその季節感あふれる個性を讃えた蔵元、増田徳兵衞商店は京都・伏見にひっそりとたたずみながら、奥深いその歴史を伝えている。カメラマンの仕事をしているTさんは、京都に仕事で行くと、必ずこの、月の桂を食事のときに飲んでいたそうです。アッサリしていて、コクがあり、適度な酸味が口の中にひろがり,和製シャンパンとも表現されるように、炭酸の爽快な味わいを楽しんでいくらでも飲めそうな酒ですが明日、仕事があるので、飲みすぎないうちに辞めました。残念