2018/02/28
2017/10/20
2017/08/07
2017/05/18
2016/08/12

和食

        

すき焼きの原型を作ったと言われる、明治元年(1868年)創業の 太田なわのれんに牛鍋を食べに行ってきました。

category - 和食
2018/ 02/ 28
                 
DSC05911111.jpg

三月は卒業式や謝恩会で忙しくなるのでその前に栄養を付けようと
思って牛鍋を食べに行きました。

太田なわのれんは明治元年(1868年)に初代・高橋音吉が鉄なべを
使った牛鍋で創業、現在まで148年余り、今もその味が引き継がれている
老舗だそうで,玄関を入ると、中居さんが出迎えてくれる、
このサービス好きかも、素晴らしいですね。

江戸末期、世界に開かれたヨコハマに多くの外国人が住みはじめ、
新しい食文化として、パンやアイスクリームなどと一緒に肉食文化も
始まったそうです。

DSC05859111.jpg

太田なわのれんは、日本で最初に牛を煮て食べる
料理を発案し、売り出した店だそうで、
現在ではすき焼きといえば薄切りの牛肉と、
醤油に砂糖を主とした割下を使うのが定番ですが、
その始まりがこの店の牛鍋であると言われています。

DSC05873111.jpg

部屋はとても落ち着いた感じの座敷にテーブルが
置いてあって料理の美味しさを期待させてくれる。

DSC05864111.jpg

部屋からの眺めは中庭に池があり、鯉が泳いでいます。
静かで風情がありとてもいい感じ

DSC05875111.jpg

先付けやお造りもとても美味しい、特にフォアグラと生このこが
とても美味しかった。

DSC05886111.jpg

こんな分厚い肉を焼くんだとちょっとビックリ

DSC05889111.jpg

サイコロ状の肉を見た目は八丁味噌みたいな江戸甘味噌の
味噌ダレで食べるのは初めての経験

麹をたくさん使った江戸甘味噌は通常の味噌より
甘みがかなり強いけど肉との相性がとても良い、

徳川家康から、三河の八丁味噌がもつ旨味と、
京都の白味噌がもつ甘みを兼ね備えた味噌を所望され
生まれた一品と伝えられているそうで、
味噌にも色々な歴史がありますね。

DSC05892111.jpg

底の浅い鉄鍋に並べられた牛肉の鉄鍋はコンロの備長炭で熱される。

DSC05907111.jpg

食べごろになったら、皿に取り分けてくれる、生卵も仲居さんが綺麗に溶いてくれて、
まさに至れり尽くせり、贅沢な食事、ミディアムレアの牛肉は、とろけるように
口の中に入っていくけど、そこへ生卵が混じり合い、味噌の濃い味なのに
深みがある味とマッチして口の中で滑らかに消えていく。

普段牛は赤みを食べることが多いけど、この霜降り牛は絶品
味噌で味わう厚切りの牛肉、気にいりました、また食べたい。

DSC05908111.jpg
 
デザートはアイスクリン、横浜開港の味を再現(たぶん)
デザートが口の中をサッパリさせてくれる
アー美味しかった。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail info@hairgrace.jp
東京都品川区上大崎2-15-15-伊多喜ビル7階 



                         
                                  
        

東京都庭園美術館の向かい、イタリアンレストラン、トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンドの 道奥にある、和食、壱、今回も美味しかったです。

category - 和食
2017/ 10/ 20
                 
DSC05727.jpg

最近、食べ物に関するブログをあまり書いていないので
今回のブログはお気に入りの和食屋さんを紹介します。

DSC05728.jpg

場所は目黒駅から徒歩5分位、高速道路を超えて
東京都庭園美術館の向かいにあるイタリアンレストラン、
トラットリア ダル・ビルバンテ・ジョコンドの角を
入った奥にある和食屋さん、壱、コスパも良いし
何を食べてもはずれがない、お気に入りのお店

DSC05729.jpg

最初に出てきたのはまいたけのブランこれはいつ食べても美味しい、
季節によって上に乗せる食材が変わるのもとても楽しい

DSC05732.jpg

お造りはメジマグロ、太刀魚、鰆、ホウボウ
どれも日本酒に合う

DSC05734.jpg

メヒカリのから揚げ
大衆魚ですが一度揚げで、揚げたてはふっくら
柔らかく頭からシッポまで食べられます。

DSC05735.jpg

クロムツ
焼き方も味付けも美味しくて、壱の焼き物は
皮と身の間を食べるのが美味しい

DSC05737.jpg

ハマグリのお吸い物
出汁がしっかりとってあるので、本当に美味しい、
ハマグリが大きくて食べ応えあるし、口に含むとプリプリ、
こりこり感が心地いい

DSC05740_20171020165413192.jpg

うま味豚
肉が美味しいのはもちろんですが、岩塩と
ニンニク味噌がとても合う、

DSC05744.jpg

ご飯はカニの炊き込みご飯
炊き込みご飯もいつも通り美味しい

DSC05745_20171020165416fda.jpg

〆のせいろ蕎麦
お腹はもう一杯なんですが、ここのおそばも必ず食べます。
ツユの味付けが上品でお蕎麦屋さんのツユとは全く違う味ですが
美味しい、薬味の切り方も僕好み、壱さんは出汁のとり方がとても
上手いんだと思います、だから何を食べても美味しいだと思います、

DSC05747.jpg

デザートはゆずのアイスクリーム
口の中がサッパリする、ごちそうさまでした。
さて次はいつ来ようかな、食べ終わったばかりなのに
もう次の来店日を考えてしまいます。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp
東京都品川区上大崎2-15-15-伊多喜ビル7階
                         
                                  
        

夏の京都の風物詩といえば川床料理。貴船の川床料理 食べに行ってきました

category - 和食
2017/ 08/ 07
                 
DSC05617111.jpg

友人に京都に行ってくると言ったら、夏の京都は
絶対やめたほうがいいと言われました。
確かに夏の京都は誰に聞いても暑いよと言われます。

DSC05618111.jpg

でもどうしても一度行ってみたかったのが、
貴船の川床料理、調べてみると、京都市内と比べると
気温差も-10度ほどあり、と書いてある、
これは行くしかないでしょと、そく京都へ、

DSC05619111.jpg

都会の喧騒を忘れ緑豊かな、川のせせらぎを
聞きながら楽しむ川床料理は格別ですね、

水面近く座敷から足がつけられるくらいの距離、
またマイナスイオンもたっぷりで、
心地いい不思議な涼しさを感じる、

DSC05637111.jpg

この環境だったら何を食べても美味しいのでしょうが、

DSC05636111.jpg

涼を作り出す料理の数々のアイデアもとても美味しく頂きました。
川床料理とても気に入りました、また来たいです。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp
東京都品川区上大崎2-15-15-伊多喜ビル7階


                         
                                  
        

4月始めに妻の友人から教えてもらった東京ビブグルマン2年連続掲載の 武蔵小山、てりやさん家からすぐでお気に入りの店になりました。

category - 和食
2017/ 05/ 18
                 
DSC04927.jpg

家のすぐ近所、サンダルで行きたい
くらいの場所にあるてりやさん。

DSC04928.jpg

近くなので早めの時間に予約しないで行ったら、
空いていてすぐにはいれたのですが、
入ってくるお客様はみんな予約のお客様ばかり、

しかも食べることが大好きそうなカップルが多い、
こんな家の近所の商店街の中にあるのに、
安くて美味しい店は皆さんよくご存じで、感心してしまいます。

DSC04931.jpg

今日は最初から日本酒、お店の人が薦めてくれたお酒、
超辛口で美味しい。

DSC04933.jpg

お店で一番人気のお造りの盛り合わせ、カツオ、シメサバ、
甘海老、アジのナメロウ、ホタルイカ、ホタルイカは足と胴体がばらしてあり、
それを肝に付けて食べるのですが、とても美味しかったです。
魚は全てご主人の出身地北陸産だそうです

DSC04938.jpg

飛騨牛の朴葉みそ焼き
飛騨の味噌は、基本色は濃い赤みそのような色ですが、
塩分は全体に控えめで旨味と麹の甘みがあってとても美味しい

DSC04939.jpg

これがこの店で一番気に入っている
海老のクリームコロッケ、ベシャメルソースが
とても美味しくて行くたびに食べてます。

DSC04943.jpg

マグロのカマ焼
すごいボリュームでビックリ

DSC04944.jpg

アスパラときのこの炒め物、普通に美味しくて、
歯触りが楽しめる料理でした。

DSC04947.jpg

白エビのかき揚げ
武蔵小山で白エビが食べられるお店は
少ないと思います。これもうれしい一品です。

DSC04948.jpg

とろろ昆布を巻いたおにぎり
富山県の名物、黒とろろのおにぎりと
具が鰹生姜煮のパリパリの焼き海苔が
最高のおにぎりのセット、塩加減がとてもいい塩梅、
何個でも食べられそうだけど炭水化物とりすぎになってしまいうので、
一個にしておこう。

ミシュランガイド東京ビブグルマン2年連続掲載店
だけの事はあります、とても美味しかったです。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp
東京都品川区上大崎2-15-15-伊多喜ビル7階








                         
                                  
        

明治の文豪、泉鏡花が愛した料亭、 神楽坂にある、うを徳。美味しいです。

category - 和食
2016/ 08/ 12
                 
DSC04220.jpg

うを徳は明治の文豪、泉鏡花、に愛され小説「婦系図」に登場する魚屋「めの惣」
のモデルになった老舗です、どんな料理が食べれるかとても楽しみ、

DSC04221.jpg

付き出し
胡麻豆腐、いんげんの白和え生麩、海老、白瓜、こけもも、
一つ一つ仕事が丁寧、美味しい、

DSC04223.jpg

御椀、中は何だろう

DSC04224.jpg

わかめと鱧のお椀
今の時期はやっぱり鱧ですね、
上品な味の出汁がしっかりきいていて美味しい

DSC04225.jpg

お造り
鱧とコチそして鯛とマグロ
江戸に店を構える魚屋から5代目店長に受け継がれてきた
魚のお造り,流石にいい魚を出します

DSC04227.jpg

焼き物
焼鮎をたで酢に付けて食べると、お酒にとてもあう、
蓼(たで)は独特の香りと、ほんのり辛味を感じる草で、

たで酢は、茎を取り、葉の部分と、トロミや色止めの為、
ご飯粒を少し混ぜすり鉢でよく擦ります、

それを漉し、酢・水と、塩を少々加え、出来上がり、
ダシ等は入っていないので、サッパリ美味しいですよ

ゆで卵にトリフ醤油がかかっている、これも本当に美味しい

DSC04228.jpg

この器も綺麗、日本料理は器から見た目そして
味まで楽しませてくれるから大好き、

DSC04229.jpg

野菜が揚げてあって揚げ出し風になってる
肉も美味しい

DSC04232.jpg

お食事

鶏肉入りそうめん
料理とは関係ないのですが。お椀の蓋はなぜついてくるのか、
ちょっと気になったので調べてみました

和食のマナーとしては、手を添えてたべる手皿はマナー違反だそうです。
正しいのはお椀の蓋や懐紙(かいし)を使うそうです、

懐紙の方がいいですが、持っていない場合、ちゃんとお椀の蓋がついているお店では、
蓋を受け皿に使うのが、マナーだそうです、

手皿を、テレビでも良く、やっているのを見ますが、お椀ぐらいのサイズは、
全て手で持って食べるのが、正しいマナーだそうです。

しょうゆ皿や、天ぷらつゆなども、手で持つんです、
食べ終わったら、器を傷つけないよう、蓋の表を上に、
つまり、運ばれてきた通りに戻すのが正解。


食べ終わったことを知らせるため、蓋を、裏返しに重ねた方がいいとか
少し開けておいた方がいい、なんて言われたりしましたが、
そんな必要はないんですね。

裏返しに蓋をするのは、ありがちですが、器を傷つけるので、マナー違反だそうです、

特に、漆塗りの高級な器を使っているお店からは、
嫌がられるそうです、気をつけたいですね、

DSC04236.jpg

最後は水菓子、モモのコンポート

歴史ある建物の中で頂く懐石料理はとても美味しい
癖になります。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp