2016/04/04
2014/01/15
2013/12/02
2012/01/25
2011/02/04

        

究極のブレンドと称されているブレンデッド・スコッチ バランタイン30年VERY OLD頂きました、うれしい

category -
2016/ 04/ 04
                 
IMG_7283121111.jpg

お客様から バランタインの最高峰に輝く
スコットランドの宝物、30年以上もの間、樽に眠って、

なお、枯れず、くすまず、輝くような熟成の極みに
たどりつける原酒VERY OLDを頂きました。

これ大好きなSCOTCHです、今夜はスモークチーズを
つまみに、まずはストレート次にロック、
考えるだけで幸せ、K様ありがとうございます。

HAIR GRACE目黒駅前店
℡  03-3473-5091
                         
                                  
        

横浜 中華街 山下公園 近くのバー On the Earth(オンジアース )

category -
2014/ 01/ 15
                 
DSC06647.jpg

On the Earth(オンジアース ) 落ち着いた大人のためのバー
僕の大好きな60年代~80年代の音楽がかかっていて、
座っているだけで、ホッとする、とても居心地のいいバー、

DSC06633.jpg

たまにしかお邪魔しないのですが、いつも温かく迎えてくださるマスター、
武蔵小山にこんな素敵なバーが欲しいといつも思ってしまう、

DSC06636.jpg

さて今日は何を飲もう一杯目はシングルバレルバーボンのブラントン、
飲みやすく、まろやかなブランデーのような香りと味わいのバーボン、

30代の頃にお客様から頂いて飲んだのが、お気に入りのきっかけ、
ボトルキャップを飾る『お馬さん』は8種類のポーズがあって、
小さい文字で書かれたアルファベットを【BLANTONS】と並べると、
連続写真のようなポーズが完成する、一番人気はガッツポーズだとか、

DSC06631.jpg

おつまみに出していただいたシアトルで生まれたククルザ ポップコーン
ソフトな食感であまり油を使っていないのか、とてもかるい味
パーケージのデザインもシンプルでとてもいい

DSC06638.jpg

二杯目はこれも大好きなテキーラのパトロン 、
ELLEのグルメ・ニュースでハリウッドセレブから愛される
「パトロン テキーラ」と紹介されたことのあるテキーラで、

テキーラなのにワイルドで荒削りな味ではなく、
上品ですっきりとしたキレのある洗練された味に少し甘味も感じる、
パトロンもずっと飲んでいたいお酒だな、

DSC06646.jpg

三杯目はマスターに薦められたカクテル、フランシスアルバート
フランクシナトラの本名フランシス・アルバート・シナトラから命名されているそうで、
シナトラは、バーボンはワイルドターキー、ジンはタンカレーを愛飲したそう、

このカクテルは、ワイルドターキーと、タンカレージンが1対1で造られる。
ジンとバーボン混ぜるだけだから、度数はあってそのくせ飲み口は爽やかで柔らかい、
僕にとってはとても危険なカクテル、飲みすぎてしまうタイプ

口の中に入れるとワイルドターキー の味が最初に膨らみ、ターキーだと思っていると、
今度はタンカレーがゆっくり口の中で存在感を主張してくる
ワイルドターキーとタンカレージンが、緩やかに、口の中で踊りだす。
心地良い刺激を残しながら、そのあと食道を撫ぜながら胃の中に入っていく、快感!

DSC06652.jpg

このへんで癖の強いシングルモルトが飲みたくなったので、
前にマスターに教えていただいて、気にいった
ARDBEG TEN(アードベッグテン)を

粗野で荒々しい、とことん煙臭く、
相変わらず、正露丸の香りっぽい香りのシングルモルトだけど、
なれると美味しいクサヤの干物、みたいにハマってしまった。


DSC06653.jpg

最後にお薦めのウオッカはないですかとお聞きしたら、
フランスのシロックというウオッカを勧めていただいた。
ちょっと珍しいのですが、このウオッカ、
ブドウから創られた全く新しいウオッカ。

普通はトウモロコシ、小麦、大麦などの穀類、
ジャガイモなどのイモ類が原材料にされるウオッカですが、
シロックの原材料はブドウ100%。
ブドウから創られていますが、後味はフレッシュなライムのような新鮮でさわやかな香り、
ロックでいただいたのですが、なめらかな新しい味わいのウオッカ、
シロックも僕のお気に入りの仲間入りです。

DSC06659111.jpg

On the Earth、中華街や山下公園に行くことがありましたら、
お薦めのバーです。
                         
                                  
        

頂き物のお酒

category -
2013/ 12/ 02
                 
DSC06190111.jpg

今年後半は、たくさんのお酒をお客様からいただきました、
あまりにも美味しいお酒をいただいたので、
ブログで紹介させていただきます。

このお酒見た瞬間に嬉しすぎて思わずヤッターと笑いが出てしまいました。
レミーマルタン・ルイ13世は、グランド・シャンパーニュで大切に、
育てられたブドウを原料とする原酒からしか生まれない。
現在、「グランド・シャンパーニュ規格」のコニャックは、
全コニャック製品のうちの1パーセント以下の生産量にすぎない。
なかでもほんの一部、最高のテロワールで育てられた、
ブドウだけがルイ13世となることができる

樹齢100年を超えるフランス・リムーザン地方産のオークで作られた樽のなかで、
50年から100年以上寝かされた原酒。
それら1200を超える原酒をアッサンブラージュ(ブレンド)して
ルイ13世は誕生する。
目の前のバカラ製のデキャンタには一世紀前の原酒がふくまれているのだ。
オーク樽の樹齢もあわせると、
ルイ13世には二世紀もの時間が必要ということになる。
それは、4代に渡るセラーマスターの
時間と情熱を注ぎ込んだ見事なアートなのである。

飲んでみると繊細な白い花を思わせる香り、続いてスパイシーなアロマが顔を出す、
複雑で豊満、それでいて繊細、果てしないと思えるほど長い余韻をもつ味わい、
まるでシルクのように喉を流れていく。
これほどまでにルイ13世は、数々の名声を得てきたのがよくわかる、
年間200本しか作れない:ロマネコンティのコニャックにも負けない美味しさだと思う

DSC05411111.jpg

レミーマルタンクリスマスバージョン
このコニャックもまた絶品でビターチョコにとても合う

DSC03306111.jpg

MONNET(モネ)
ラベルの女性は?
ボトルの下の方に「ジョセフィーヌ」と書いてあり
この女性はナポレオン・ボナパルトの妻(皇后)
「ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ」みたい、
「ナポレオンを超えた味わい」として、
気品・芳香を堪能する為の、文字通り最高のコニャック、
レミーマルタンよりもっとまろやかでスイスイいける、

DSC04431111.jpg

オタール XO ブランデー コニャック
美味しいお酒は、すぐにボトルが空いてしまうから、
ちょっと、寂しい、

DSC06062111.jpg

MEUKOW ミュコー

DSC03757111.jpg

DSC05969111.jpg

DSC04451111.jpg

DSC07139111.jpg

DSC06444111.jpg

DSC03759111.jpg

DSC05523111.jpg

その他にもこんなにたくさんのお酒を頂きました、
どうもありがとうございます。
                         
                                  
        

横浜 On the Earth

category -
2012/ 01/ 25
                 
横浜 on the earth

清川の帰りに連れて行って頂いたバーOn the Earth、
インテリアはとても落ち着いていて、音楽も僕好み、
リラックスできる大人のバーです。

DSC06782.jpg

一杯目はお腹がいっぱいなのでヘビーなウイスキー、
アードベッグテン シングルモルト、相変わらず匂いが強烈!
癖があり過ぎなぐらいあるけど、飲めば飲むほど、はまっていく、

DSC06770.jpg

マスターの水谷さんオリジナルの生チョコ
、何回食べてもおいしい(お酒にもよく合う)、

DSC06774.jpg

ドライフルーツ、
イチジク アプリコット 干しぶどう、

DSC06780_20120125154355.jpg

ロンサカバ スペイン産のラムの23年物
、まろやかな味わいで何杯も飲めそう、
フルーティな香りもいい、

DSC06783.jpg

パトロンという名前のメキシコのテキーラ、
テキーラなのに今まで飲んでいたテキーラより甘く香り高い、
なめらかな味わいで、これもいける、

On the Earthに来ると、新しいお酒の発見があったり、
好みをいえば、好みにあったお酒をだしてくれるので、
一度行ってみてください、水谷さんまたお邪魔します。
                         
                                  
        

Beer&Wine Cafe 65(ロクゴ)

category -
2011/ 02/ 04
                 
Beer&Wine Cafe 65(ロクゴ)
子供の幼稚園の時のお父さん達の新年会の二次会で行った、
前から入りたいと思っていた、

うちの店の隣にあるビールバー65 
世界100種類以上のビールが飲める店で
お店の感じはアイリッシュパブぽい雰囲気の店,
ビールは美味しいと、再確認させてくれる、お店です

DSC03093_20110204185235.jpg
スリランカのビール
マイケルジャクソンも絶賛ビール で、
前に日本酒の羅生門の時に紹介した
モンドセレクションで金賞5回の他最高金賞を受賞するなど
世界的に評価が高いビールです。

まるで上質のリキュールのような上品な甘さと、
そのほのかな甘い香りの後から感じられる

どっしり濃厚な味わいは、他の追随を許さないとは
ビアハンター・マイケルジャクソンの絶賛の言葉です

DSC03094.jpg
メンバーの中に神父さんがいて、修道院ビールはありますかと聞いて
エ~修道院ビールなんてあるんだ知らなかったので、
もうビックリです。でも飲んだら美味しい、

シメイ・ルージュ (La Chimay Rouge)
 通称レッド、
シメイの中で最も歴史が古く、他のシメイの元になったと言われているビールで、
名称はレッド(ルージュ)カシスのフルーティーな香と味がして、
適度に円熟されたコクと爽やかな味わいの、ビールです

DSC03095.jpg
通称ブルー。麦の豊かな香りと、濃厚な苦みとコクを持っている感じで
色は深い焦茶色。ラベルにはビンテージ(製造年)が入っていて、

数年に渡り熟成保存できる生きた酵母の働きで、味わいが変化するそうです。
今回は3種類のビールを飲んだのですが、ビールも奥が深い。

もっと勉強せねばね 昭二くん
それと酔っていても、ピントはしっかり決めましょう