島田紳助さんの店 寿司 はせ川

寿司 はせ川
島田紳助さんが経営する西麻布の店 寿司 はせ川 に行って来ました。
うわさどうり、何を食べてもおいしかったです

DSC01601.jpg
突き出しに出てきた、すずきです。お酒は大吟醸の 夏の夕です。
フルーティで食前酒にとてもむいてます。

DSC01603.jpg
お造りは、石垣貝、のどぐろ、まぐろのあかみの三点盛り、石垣貝は甘くて
やわらかいし、のどぐろは皮の部分だけ、ガスバーナーであぶってあるので
皮の旨味が増してとてもおいしいかったです。

DSC01604.jpg
次に出てきたのが、今回一番楽しみにしていた、コハダのしんこ
コハダは江戸前鮨の元祖とも言われる食材。中でもコハダの子供、
しんこはこの時期しか食べられないとっておきの味。
この時期のしんこの値は、なんと、1キロ5万円以上!
意地と誇りをかけて、この旬を追いかけるのが、江戸前鮨の伝統です。
仕込みが命のしんこ。身が小さいしんこは、繊細な包丁さばきが必要とされます。
さらに熟練された職人技、塩と酢の締め具合で味が決まります。
手間ひまをかけて仕込むしんこの握りには、
江戸っ子の熱い心意気が詰まっています。
はせ川のしんこは、お酢も塩の加減も、申し分ないです。
4かんも食べてしまった。おいし~い

DSC01608.jpg
今度は関あじです。あぶらが適当に乗っていておいしいです。

DSC01609.jpg
つぎはサバです。お酒がすすむな~あ

DSC01610.jpg
みずたこを炊いたものです。生よりも味がはっきりしていて
これもおいしい

DSC01611.jpg
今度は白身の眞子鰈、お寿司を考えた人に大感謝

DSC01612.jpg
白イカ、鮮度が良いのでとても甘い

DSC01613.jpg
まぐろ赤みのずけとこはだ、こはだはしんこと違ってしっかり、お酢で〆てあって
おいしいし、まぐろは赤身が一番好きなのでうれしい。

DSC01614.jpg
石垣貝のにぎりは初めて食べましたが、これもいける

DSC01618.jpg
のどぐろのにぎり、やはり皮が香ばしくてにぎりもおいしいです。

DSC01620.jpg
ヤッホーうにです。この店のうには海苔の味に邪魔をさせないために、
軍艦にしないそうです。身がプリッとしています。DSC01623.jpg
海老もおいしいしあわせ

DSC01624.jpg
たまごも甘さが僕には丁度よかったです。

DSC01625.jpg
かんぱちもちゃんとしたお店で食べるとおいしいです。

DSC01627.jpg
最後はあわびの堅いところをにぎってもらいました。他の店では堅いところと
希望すると切ったそのまま、にぎるのですが、はせ川は細かい切れ目を
沢山入れてくれて、歯触りもよくおいしかったです。
従業員の教育も行きとどいていて、さすがだと思いました。



テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

プロフィール

hairgrace

Author:hairgrace
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード