横浜 清川寿司

DSC045821234.jpg

美味しい新イカと新子が入ったので一緒に食べませんかと、
Oさんからウレシイお誘いをいただき、何を食べても美味しい、
横浜 清川寿司に行ってきました、
一見、どこにでもありそうな、町の普通のお寿司屋さん,

とてもアットホームな雰囲気で、
美味しいお寿司を食べさせる店の、独特な張りつめた、冷たい緊張感は少なく、
暖かく包み込んでくれる、優しい雰囲気をかもしだし、僕にとっては心地よい空間です。

お寿司は,細かいところまで、しっかり、仕事がしてあって、
妥協が全くありません、新しい事に挑戦する事も忘れない、
清川寿司は、築地のマグロの仲買人が、マグロを食べに来るお寿司屋だそうで、
今日はどんなものが食べられるか、とても楽しみです。

DSC046011111.jpg

最初に出てきたのが、マコガレイ,カボスと塩で、

煮アワビ、柔らかく上品な味に炊いてある、これもいい、

西京漬けにした、数の子、これも日本酒にすごく合う、


清川さんで初めて美味しさを知ったトリ貝、清川さんで食べるまでは、
お寿司の数合わせ程度にしか考えていませんでしたし、
薄っぺらで味もあまりなく、何がおいしんだろうと、思っていましたが、
美味しいものは全く違います、肉厚で炙ったものは、
ほのかな甘みのあるその味はとても美味しく、いくらでもたべられそう、

DSC04614223344.jpg

今日の飲み物は日本酒 出羽桜の吟醸酒 桜花
とてもフルーティなお酒で生肴にあう

太平山 純米大吟醸 天巧  
こちらのお酒は、出羽桜がフルーツがたくさんなっている、
泉の水で作ってあるとしたら、天巧 は研ぎ澄まされた、
クリスタルの滝の水から作ったくらい、キリリとしている、
どちらのお酒もお寿司に合う、
DSC046012222.jpg

シャコも塩ゆでしたものを、そのまま食べて、美味しい
清川さんのわさびは鼻にソフトだけどわさびの
旨みがあって、しゃこの旨みがます、

これが究極のえびせんかもしれない、塩加減とパリパリ感がたまらない、

身の部分はかるく炙って出してくれました、
甘さと海老の美味しさが、ナマよりよくわかる、

イワシ、臭みが全くなく、
脂が適度に乗っていて本当に美味しい、
脂が乗っているけど、脂の味とショウガのバランスがとてもよく
何切れでも、食べられそう
DSC0460133333.jpg

あん肝
脂ののりもよく、冬場にひけをとらないあん肝、
しかも美味しい。

イワシが美味しい話をしたら、別な場所で採れたイワシも出していただいた、
このイワシはさっきのより脂がのっていなくて淡白だけど、
イワシの味が濃い、同じ種類のイワシなのに味が全く違う、魚は奥が深いな、

ジャーン、アカむつ(ノドグロ)の塩焼き、
白身の肉質は脂が多く、濃厚な味だけど,
とても食べやすい、

ながすクジラの尾の身、
これも毎回食べるけど、絶品という言葉がよく似合う、

DSC0460144444.jpg

精進湖の天然ウナギ
白焼きで出していただいたのですが、
フワフワ太った脂っこい養殖とは違い、身が締まっていて、
皮はパリパリ、しかも脂ののりがやさしい、これもずっと食べていたい絶品です、

そろそろ握りましょうかということで、握っていただいた、
白身の握り、マゴチです、マゴチを食べると夏を感じる、

「新いか」一匹でせいぜい1かん
本来東京湾では秋のものだけど、九州などからの入荷で夏のものとなっている。
走りの時にはキロ当たり20000円前後する超高級品
軟らかく、甘味旨味もほどよく、寿司飯との相性がことのほかいい。

新いかはスミイカの赤ちゃんで
今回食べるのは二回目ですが、生まれたてのスミイカは
食べると、歯触りはないですが、口の中でとろける
そして美味しい、記憶の中にしっかり残しておこう

新子
次に出てきたのが、これも楽しみにしていた、コハダのしんこ
コハダは江戸前鮨の元祖とも言われる食材。中でもコハダの子供、
しんこはこの時期しか食べられないとっておきの味。
この時期のしんこの値は、なんと、1キロ5万円以上!
意地と誇りをかけて、この旬を追いかけるのが、江戸前鮨の伝統です。
仕込みが命のしんこ、身が小さいしんこは、繊細な包丁さばきが必要とされ、
さらに熟練された職人技、塩と酢の締め具合で味が決まります。
手間ひまをかけて仕込むしんこの握りには、
江戸っ子の熱い心意気が詰まっています。

DSC046015555.jpg

春子鯛(かすごだい)今の季節に食べられるお店は少ないと思う魚、
あまりにも淡い味わいで、軽く塩をして、さっと酢にくぐらせると、
風味が増して、より美味しく食べれるそうです。

春が旬の春子鯛を一年中置いている、清川はどうやって仕入れているんだろうか
美味しいからいいか

キンメ
今の時期のキンメは、味が淡白だけど、
白身の脂は上品でいい、
僕はこの味がとても好きです。

アジ
今が旬のアジ、これもいける

マグロ
今回食べるマグロは青森の深浦産だそうで、
他のお店ではマグロはあまり食べないのですが、
清川さんのマグロは食べます、最初は赤身から、

DSC046146666.jpg

そして、中トロ、大トロどちらも美味しい

穴子は、タレ、塩、どちらがいいですかと聞かれたので、
両方お願いしました、
特に塩の方は、上にユズを少し乗せていただくと、柚子がすごく合う、

タレの味も美味しく、どちらの穴子も、美味しい、
こんなに大きくても、味は繊細でタレを付けなくても
塩味で十分美味しい、ようするにどちらで食べても美味しいということです。

DSC046147777.jpg

卵と芝海老だけで作ってある卵焼き
毎回食べるが、まるでスフレみたいに本当においしい

煮ハマグリ
お寿司通な方曰く、最近では煮蛤をおく寿司屋が少なくなってきているそうです

車海老、今まで生きていたエビをボイルして出してくれる
とても贅沢、

DSC046148888.jpg

ムラサキウニ、ウニは大好き、
バフンウニ、グレードの低い雲丹は蛋白で何個でも食べられるけど
清川のウニはとても濃厚なので二カン食べれば、もう満足する、

と思ったのですが、シメにウニの盛り合わせをいただきました。
左からバフンウニ、すごい大きい上の小皿と同じくらいある、
ムラサキウニ、バフンウニよりすっきりしている、
赤ウニ
赤ウニは近年水揚量は年々減少していて、今では希少価値の高いウニ、
どのウニもそれぞれに美味しい味を主張していて、
どれが一番美味しいかなんて判断できない、全部一番です。

こんな贅沢なウニの食べ方をしたのは初めて、
Oさん、今回も美味しいものをたくさんご馳走していただき、
どうも有難うございました。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hairgrace

Author:hairgrace
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード