早川 光(はやかわ ひかり)さんがテレビで紹介した、 横浜のなか條(旧清川)さん本当に美味しいお寿司屋さんです。

DSC04836111.jpg

早川 光(はやかわ ひかり)さんは、きららの鮨,
の原作者で江戸前寿司の事なら、この方をおいて
右に出る人はいないでしょうと、日本一旨い魚を
売る店根津松本の鈴木勇治さんが言っている方です。

DSC04920.jpg

根津松本の鈴木勇治さんによると、いま築地で一番勢いのある
鮪の仲卸「やま幸」から、一番の物を買う寿司屋さん
が横浜のなか篠(旧清川)さんだそうです。

DSC04921.jpg

だから、なか篠さんには、色々な食通と言われる方が
たくさんいらして居るんですね。

そんな隠れた有名店に、何年も前からご招待
して下さる、Oさんに大感謝です。

DSC04923.jpg

今回は久しぶりに本当に美味しいお寿司を
食べたので、写真を沢山載せますね。

DSC04841.jpg

いつも最初に出てくるアワビ、アワビの旨味が凝縮している。

DSC04843.jpg

ワ~大好きなアラが出てきた、東京でもっとアラを出してくれる
店が増えるといいのにって思いますが、数が少ないから無理ですね。

DSC04845.jpg

兵庫県赤穂(千種川)のシラウオ一匹のサイズが大きい、
8cm位ある大きいだけでなく、味もしっかりしているし
凄い弾力がある。美味しいシラウオって
こう言うことなんですね。

DSC04848.jpg

かつお、カツオは秋の脂が乗ったほうが美味しいと言う人が多いですが、
僕は秋のカツオは脂の味が強く感じて、春のカツオのほうが魚本来の
味がわかって好きです。

DSC04850.jpg

トリガイもなか篠さんで美味しさを教えて頂いた一品です。
長年、薄っぺらなトリガイしか食べてなくて、
トリガイってこんなもんなんだと思っていましたが、

なか篠さんで食べてビックリ、本当に美味しいトリガイは肉厚で
甘みがあって適度な弾力が噛む度に感じられて、美味しい。

DSC04851.jpg

海老も少し火を通すことによって、甘みと旨味が増して
本当に美味しくなります。

DSC04858.jpg

赤貝も大好きな一品ですが、肉厚で味が濃くて、
これもほかの店で食べたことない赤貝です。

DSC04860.jpg

胴体がまん丸パンパンのホタルイカ
当然、日本酒が進みます。

DSC04862.jpg

この海老せんべいも毎回楽しみな一品です。
これを食べながら、純米大吟醸を飲んでいると
幸せを感じます。

DSC04865.jpg

アンキモ、大きすぎると味がしつこいし、
小さすぎると物足りないし、なか篠の
アンキモはいつも丁度いい味です。

DSC04867.jpg

ナガスクジラの尾の身
これも毎回楽しみにしているのですが、
脂が凄い乗っているのにしつこくなくて、
サッパリしているのにコクがある。

DSC04870.jpg

超高級魚のコウジンメヌケの焼物、皮もおいしいし身も美味しい、
生まれて初めて食べましたが、本当に美味しすぎて笑いが
止まらなくなってしまいました。この魚も大好きな魚の
一匹になりました。

DSC04877.jpg

宍道湖の天然ウナギ
絶滅危惧種に指定されてしまった、ニホンウナギです、
天然ウナギは全体の1%にも満たないそうで、
今回は2キロ、今までで最大級のサイズが手に入ったと
ご主人が言っていました、一匹10万円位するのかな、

天然ウナギは鮮度がよすぎると、加熱したときに
身が縮れてしまい、おいしく食べられないそうです。
天然の上物と、養殖とでは全くの別物で、
脂の質が違う、口の中に入れると
ふんわりと包み込むような柔らかさ、
凄い肉厚なのに、心地よい弾力、
上品な脂の味、天然ウナギの美味しさも、
なか篠さんで教えて頂きました。

DSC04879.jpg

そろそろ握りましょうかと言うことで、最初に出てきたのが、スミイカ、
このイカも鮮度がよすぎると、固くて食べにくいのですが、
口に入れて噛むと、気持ち押し返してくる心地いい弾力、旨味もあってこれは美味しい。

DSC04880.jpg

こちらは春子鯛、真鯛の稚魚のことで、その名の通り春の時期に
産まれます。桜の花びらのような淡い色合いから、
桜鯛という別名もあるそうです。

タイは骨や鱗が固いですし、サイズが手のひら位に
小さいので、仕込みが大変だと思います。
これも美味しい、成長した鯛とはまた違った味わいですが、
この鯛をお酢で〆るときに卵を入れるそうで、
とてもまろやかな美味しさです。

DSC04884.jpg

金目ダイ
これも美味しいとしか言いようがない。

DSC04888.jpg

このアジもまろやかで味が濃い
どこでこんなアジがとれるんだろう、

DSC04892.jpg

マグロの赤身
普段、お寿司屋さんでマグロは食べないのですが、
なか篠さんのマグロは別、赤酢を使ったご飯との
相性が絶品で楽しみに食べています。

DSC04893.jpg

中トロ
シャリとマグロの温度を同じにして口の中に
入ったときに冷たさを感じないようにして、
にぎってくれます。

DSC04896.jpg

大トロ
普段は大トロの脂の味がダメで、絶対食べないのですが、
この店の大トロは本当に美味しくてさっと食べてしまいます。

DSC04897.jpg

コハダ
お酢の締め方が難しいそうですが、
いつ来ても美味しいです、特に6月7月の
シンコが大好きです。

DSC04899.jpg

ウニが箱の中で気をつけをしているみたいに
シャキッとしている、おいしそう。

DSC04901.jpg

にぎりの周りをウニで包んでくれました、
ウニ好きとしてはたまりません、

DSC04904.jpg

軍艦にしてくれたウニも絶品です、幸せすぎる。

DSC04910.jpg

海老も肉厚でいける。

DSC04911.jpg

ハマグリも丁寧な仕事がしてあって、美味しい、

DSC04915.jpg

〆の穴子
なか篠さんでは穴子が一年中でます、いつ食べても美味しいので理由を聞いたら、
一番美味しい時期の穴子を冷凍して使っているそうです。だから一年中
美味しんですね。

DSC04916.jpg

出汁巻き卵とエビのすり身を入れて作った卵、
どちらも最後にデザート感覚で頂いています。
これがまた、美味しいので毎回、頂いています。

なか篠さんのお寿司は何を食べても美味しいという言葉が
無意識のうちに出てしまいます、ネタは日本中からその時期に
一番美味しいものを集めて、そのネタに魔法をかけて食べさせてくれます。
ほかでは絶対食べられない、美味しいお寿司だと思います。

今回も美味しいお寿司を沢山ごちそうになり、
Oさん、ありがとうございました。


HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hairgrace

Author:hairgrace
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード