白金高輪フレンチレストラン、ラ・クープドール/La Coupe d'Or

u0006029525_9.jpg

リーズナブルなのにとても美味しいと,
お客様から教えていただいたナチュラルフレンチレストラン,
ラ・クープドール
今日はどんな料理が食べられるのか楽しみ、

DSC06210.jpg

最初に出てきたのは、シナモン風味のフォアグラのサブレ、
イベリコチョリソーのクロックムッシュ
ワインにあう、出足は快調ですね

DSC06213.jpg

ソムリエの方にブログに載せたいとお願いしたら、
快く引き受けて下さり、だいぶワインの減ったグラスなのに、
見た目が良くないと、ワインをサービスでついでいただいた。

DSC06214.jpg

バターにレモンを混ぜたもの
とってもさわやか、これは家でも使える

DSC06218.jpg

マグロとアボカドのカルパッチョ
写真がピンボケ(ワインが効いているのかな)ですが、
味はクリアーでこれもいい感じ、

DSC06219.jpg

鮮魚のカルパッチョとカリフラワーソース、
ウニのグラニテ添え
カリフラワーのソースがクリーミーでウニとアクセントになってとてもいい、
フレンチの魚料理も随分進化しているな。

DSC06220.jpg

白子のムニエル ノーザンルビーのポタージュと
キャベツのプレゼトリュフのせ,
白子の濃厚さが、フグほど強くなく、香りが優しい黒トリュフと、
お互い少しソフトで、バランスがとてもいい。
白子好きにはたまらないフワッととろける美味しさ。

DSC06221.jpg

ブログに載せるんだからとトリュフもたくさん削ってくれました。
この手は行けるかも?他の店でも使ってみようかな。

それにしても今日の写真はひどい、ご覧頂いている皆様ごめんなさい。

DSC06225.jpg

ヤリイカのソテーとリゾーニ、サフラン風味イカスミソース、
この盛りつけは最近多くなってきているけど、
僕的には全体に盛り付けて欲しいです。

DSC06227.jpg

米沢豚ロースのグリエ、くわいのグラッセとクレソンの香り
日本の肉は牛より豚の方が好きなので、この料理は嬉しい。

DSC06228.jpg

デザート
和栗とフランス栗モンブラン、アーモンドのアイス添え
う〜ん、しあわせ。
フレンチは毎日だと飽きるけど(どーせ毎日は食べられないけど)
たまに食べるとやっぱり美味しい。

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

モナリザ、丸の内店

DSC07502111.jpg

大好きなフレンチのお店、丸ビルの最上階にあるモナリザ二号店に、
レストランウイークのお得なメニューでお誕生会をしてきました。
僕は参加していません(涙)

今日は白ワインからスタート
白桃のフルーティなワイン、これは美味しい、

DSC07503111.jpg

地上36階からの眺めは最高です。

DSC07504111_20140216133552770.jpg

最初に出てきた可愛らしいチーズバーガーみたいなの
カワイイサイズで一口で食べられる、

DSC07506111.jpg

オリーブオイルとワインビネガーとビゴーのパン、
これにワインがあればそれだけで食事になりそう

DSC07507111.jpg

寒ブリがフレンチのオードブルになるんだとびっくり
細かく刻んだ寒ブリを香草で味付けしてカブで巻いてある
カブは四種類使ってあり、菜の花とマイクロトマト、
そしてイクラがトッピングしてある、お見事としか言葉が出ない、

DSC07508111.jpg

甘エビのブランマンジェ 金柑のソースとジュレ
ブランマンジェがクリーミィで濃厚、金柑のソースがとてもサッパリしていて美味しい、
一緒に海老の頭の揚げたのがついてきて、歯ざわりを楽しませてくれる

DSC07509111.jpg

二杯目は赤ワイン、

DSC07510111.jpg

フランス産のフランとシャンピニオンのポタージュカプチーノ仕立て
真ん中のフランの上にクリの刻んだものがのっていて、
クリーミィなスープとよく合っていて美味しかった、

DSC07511111.jpg


オオニベのクルスティアン冬野菜を添えて  ブールブランソース,

オオニベを春巻きの皮で巻いて揚げてある、
身質はくせのないスズキといったところで、ソースとの相性も抜群でした、
ちなみに器はお店から見える、丸の内のロケーションをプリントしたもので、
相変わらず、モナリザさんはいろいろな盛り付けと器で目を楽しませてくれる、

DSC07512111_20140216133702985.jpg

デザート
デザートはパンナッコッタにフルーツジュレ、
何種類もフルーツが入っていて、大好きなタイプのデザート、
そして器の中に四葉のクローバーがある、さてどこでしょう?

DSC07513111.jpg

年に二回の、レストランウイークを利用すると、ランチの金額でディナーが食べれます。
有名店が多数参加、次回は7月です、また来よっと。

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

葉山 ラ・マーレ・ド・茶屋

葉山 ラ・マーレ・ド・茶屋

湘南で最も夜景が美しいレストランと言われているお店で、
1階から3階まで全フロアーにテラスがあり、海の潮風、美味しい料理とワイン、

ここで彼女が口説けないならもうあきらめた方がいいと言う伝説のある店、(多分)

DSC01037111.jpg

20代のころから、憧れていて、一度は行ってみたいと思っていたレストラン、
ラ・マーレ・ド・茶屋

最近よくお誘いいただく、Hさんご夫妻からハワイから帰ってきたら、
一緒に食事しましょうと、お誘い頂いて、ワクワク気分で行ってきました、

DSC01032111.jpg

鎌倉まで車で迎えに来ていただき、途中の道のりからの夕日がとっても綺麗、

DSC01033111.jpg

家を出たときは、今にも雨が降りそうな天気だったのに、葉山に来たらこの天気、
富士山と江ノ島、絵になる、この景色の綺麗さはハワイに負けてないと思う、

DSC01051111.jpg

料理は相模湾の採れたて魚介類を最良の料理法でフランス風にアレンジしてあり、
気軽にフレンチを楽しめる葉山の名店です、

DSC01091111.jpg

1Fはフルオープンのカフェ&バーで
ティーブレイクや食後酒を、波の音を聞きながら楽しめます、

DSC01060111.jpg

本日のおすすめオードブル3品、

赤ピーマンのムースにウニそしてコンソメのジュレ、
うーん、美味しい、

DSC01064111.jpg

こちらはサーモンにりんご入りのアボカドのせ、
これもさっぱりしていて、いける、

DSC01067111.jpg

次に出てきたのが、フレンチの定番、フォアグラのソティー、
こちらのお店は、洋梨とブドウが一緒に入っていて、

酸味の効いた、味付けになっています、
フォアグラの表面がパリパリに焼いてあって、とても香ばしい、

DSC01068111.jpg

朝獲りの魚料理
カサゴです、皮はしっかり焼いてあって、パリパリの食感、
身の部分は、プリプリの食感、下にはフランス産のきのこがひいてあり、
秋を感じられる一品でした、

DSC01072111.jpg

肉料理、僕は和牛を食べたのですが、口に入れるととろけるような柔らかさ
妻が食べた葉山牛、年間200頭しか、出回らない貴重な肉で、

こちらのほうが、少し歯ざわりがあって、甘みがあり、どちらの肉も美味しい、
牛さん、幸せをくれてありがとうって感じです、

DSC01078111_20120929184250.jpg

マスカルポーネのクリームとイチジクのアヴァンデセール
口直しには、とてもいいデセールです、

DSC01077111.jpg

自家製デザートいろいろ

全部乗せを頂きました、もうお腹はいっぱいなのに、
見たらだめです、明日から粗食にすればいいか、
と勝手に自分に言い訳をして、食べてしまいまいました、

コーヒーはエスプレッソをダブルで飲みましたが、
グラン・デセールとの相性は抜群でした、

DSC01094111.jpg

H(ハワイ名、ハロルド)さん御夫妻との楽しい時間は、
いつもあっという間に過ぎてしまいます、

今回もハワイの話で盛り上がり、絶対に来年は、一緒に行きましょうと、
楽しいお約束をして頂いて、お開きとなりました、


テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

三笠会館で湘南フレンチと花火

三笠会館で湘南フレンチと花火

湘南フレンチとして有名な豊かな味わいの
三笠会館 鵠沼店(ミカサカイカン クゲヌマ)で
花火を見ながらディナーを食べませんかと、お誘い頂き行ってきました、

DSC00732111.jpg

お店の前からこんなにきれいに、富士山が見えます、
小旅行をしている感じで、心が癒される、

DSC00733.jpg

海沿いの歴史を感じさせる存在感ある建物。
広々とした絨毯敷きの店内は、優雅さと品格の漂う
ゆったり落ち着いた大人の空間です、


DSC00738.jpg

食べたコースはアワビディナー
初めに出てきたのが、赤ピーマンのムースをサーモンで巻いて、
コンソメのジュレを添えたもの、
おいしさを予感させる味、これからの料理が楽しみ、

DSC00742.jpg

海の幸と夏野菜のサラダフルーツのビィネグレット
魚介類が美味しいのはもちろんですが、
湘南野菜がとても美味しい、野菜も鮮度が命ですね、


DSC00745.jpg

冷たいカボチャのクリームスープ
変に甘くなく、上品な甘さでとてもいい

DSC00748111.jpg

美味しいスープを飲んでいたら、花火が始まり、室内なのに花火の音がよく聞こえる、
花火は音を聞いてこその花火ですね、


DSC00754111.jpg

こんな涼しい中で美味しい食事をしながらの花火、
とても贅沢でクセになりそうです、

DSC00759111.jpg

三崎港より活アワビのグリエ 肝のリゾット添え ベルシーソース
アワビが硬すぎず、柔らかすぎず、でも弾力があって、

噛むと押し返してきて、心地いい硬さで味が濃厚、たまりません、
アワビ大好き人間にとっては、もう死んでもイイくらいしあわせ、

DSC00760.jpg

そしてステーキは黒毛和牛ヒレ肉の炭火焼き 
ディジョン産粒マスタードソース、
普通だとコースの肉料理が出てくる頃には、お腹が限界に近づくのに、
三笠会館の料理は全く苦しくない、
それどころか美味しくいただけるから不思議、

DSC00764.jpg

シェフ特製デセールは、
ココナッツのブランマンジェ ルビーグレープフルーツのソルベを添えて
口の中がさっぱりする、デザートはシャーベット系がイイナ、


DSC00736.jpg

こちらは妻が食べた、小皿ディナー Dinner de petit Assiettes、
活オマール海老とパンプルムースのサラダ仕立て 
生ハムのビィネグレット、
オマール海老もやっぱり美味しい、

DSC00743.jpg

フレッシュフォワグラのソテ マディラ酒ソース、
普段、濃厚すぎると感じることが多いフォワグラですが、
サッパリしているけど、濃厚でとても美味しい、
ソースとのバランスが絶妙なんでしょうね、

DSC00757.jpg

本日の三崎直送鮮魚のポワレ 生姜のコンフィソース、
本日の魚はイサキ、この時期のイサキは脂がのっていて、

タイやスズキに負けない位、美味しい
夏が旬の所から‘麦わらイサキ’という別名もあるらしいです、

DSC00766.jpg

フレンチというと、胃もたれとかの心配がありますが、ここは、美味しくて胃にも優しい感じです
なんだろう?油がいいのかな??

今風な店内ではなく、昔ながらの高級でも暖かい感じの店内、
こういうお店はずっと残っていて欲しいですね、

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

レストラン・ランス・ヤナギダテRestaurant・REIMS・YANAGIDATE

レストラン・ランス・ヤナギダテRestaurant・REIMS・YANAGIDATE
友人と久しぶりに会うことになり、ランチを食べに行ったお店、
ランス・ヤナギダテ、

店名に入っている「ランス」はシャンパーニュ地方の中心地、
店内にはカーヴがあり、数多くのシャンパーニュを取り揃えているそう、

DSC00060.jpg

内装は落ち着いた雰囲気で、まさに大人のレストランという感じでした、

DSC00061.jpg

こちらはなんとエシレバターつけ放題
普通は、エシレは別料金という所が多いのに、嬉しいサービスです、

DSC00063.jpg

そら豆の冷製スープ
夏の冷たいスープは、心まで癒してくれるからいい、

DSC00064.jpg

人参のムースとアボガド、カニとトマトのムース
さっぱりとおいしかった


DSC00065.jpg

オマール海老とホタテとウニの温泉卵のせ、カリフラワーと生クリームのソースをかけ、コンソメのジュレとキャビアがけ
とろーり、と本当にクリーミー、オマールエビが意外に大きめカットで嬉しい、
夏になると食べたくなる料理です

DSC00066.jpg

タイのグリルシャンパンソースがけ
パリっとした皮としっとりふんわりの白身のバランスがとてもいいです、

DSC00067.jpg

デザートはキャラメルづくし
プリンとアイスとクレームブリュレの盛り合わせ、
ボリューム満点のフレンチフルコースで、
男性もこのコースで十分お腹がいっぱいになります、

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

プロフィール

hairgrace

Author:hairgrace
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード