明治の文豪、泉鏡花が愛した料亭、 神楽坂にある、うを徳。美味しいです。

DSC04220.jpg

うを徳は明治の文豪、泉鏡花、に愛され小説「婦系図」に登場する魚屋「めの惣」
のモデルになった老舗です、どんな料理が食べれるかとても楽しみ、

DSC04221.jpg

付き出し
胡麻豆腐、いんげんの白和え生麩、海老、白瓜、こけもも、
一つ一つ仕事が丁寧、美味しい、

DSC04223.jpg

御椀、中は何だろう

DSC04224.jpg

わかめと鱧のお椀
今の時期はやっぱり鱧ですね、
上品な味の出汁がしっかりきいていて美味しい

DSC04225.jpg

お造り
鱧とコチそして鯛とマグロ
江戸に店を構える魚屋から5代目店長に受け継がれてきた
魚のお造り,流石にいい魚を出します

DSC04227.jpg

焼き物
焼鮎をたで酢に付けて食べると、お酒にとてもあう、
蓼(たで)は独特の香りと、ほんのり辛味を感じる草で、

たで酢は、茎を取り、葉の部分と、トロミや色止めの為、
ご飯粒を少し混ぜすり鉢でよく擦ります、

それを漉し、酢・水と、塩を少々加え、出来上がり、
ダシ等は入っていないので、サッパリ美味しいですよ

ゆで卵にトリフ醤油がかかっている、これも本当に美味しい

DSC04228.jpg

この器も綺麗、日本料理は器から見た目そして
味まで楽しませてくれるから大好き、

DSC04229.jpg

野菜が揚げてあって揚げ出し風になってる
肉も美味しい

DSC04232.jpg

お食事

鶏肉入りそうめん
料理とは関係ないのですが。お椀の蓋はなぜついてくるのか、
ちょっと気になったので調べてみました

和食のマナーとしては、手を添えてたべる手皿はマナー違反だそうです。
正しいのはお椀の蓋や懐紙(かいし)を使うそうです、

懐紙の方がいいですが、持っていない場合、ちゃんとお椀の蓋がついているお店では、
蓋を受け皿に使うのが、マナーだそうです、

手皿を、テレビでも良く、やっているのを見ますが、お椀ぐらいのサイズは、
全て手で持って食べるのが、正しいマナーだそうです。

しょうゆ皿や、天ぷらつゆなども、手で持つんです、
食べ終わったら、器を傷つけないよう、蓋の表を上に、
つまり、運ばれてきた通りに戻すのが正解。


食べ終わったことを知らせるため、蓋を、裏返しに重ねた方がいいとか
少し開けておいた方がいい、なんて言われたりしましたが、
そんな必要はないんですね。

裏返しに蓋をするのは、ありがちですが、器を傷つけるので、マナー違反だそうです、

特に、漆塗りの高級な器を使っているお店からは、
嫌がられるそうです、気をつけたいですね、

DSC04236.jpg

最後は水菓子、モモのコンポート

歴史ある建物の中で頂く懐石料理はとても美味しい
癖になります。

HAIR GRACE(ヘア グレース)目黒駅前店
℡  03-3473-5091
mail:info@hairgrace.jp

日本橋 懐石料理 はし本

DSC02637.jpg

日本橋 懐石料理 はし本
東京吉兆で23年研鑽されました職人の技、
それが食べてみたくて行ってきました。

DSC02638.jpg

付出し、ザーサイの自家製浅漬けと前菜の胡麻豆腐、
浅漬けザーサイを食べるの結構好きで、
程よい塩味とザーサイの風味が絶妙で美味しい、

濃厚な胡麻豆腐は出汁が効いている、
クリーミーで滑らかな食感これもいい、
この胡麻豆腐を作るのに、
何と日本酒一升使うんだそう、ビックリです。

DSC02641.jpg

マツタケの土瓶蒸し
秋はこれですね、
日本人の料理のセンスに乾杯、
美味しすぎて笑っちゃいます。

DSC02644.jpg

お造りは北海道の帆立、シマアジ、1日寝かせた真鯛、
真鯛がとにかく絶品でした、歯触りは残っているのに
ねっとりとした濃厚な旨味がよく出ている、
久しぶりに美味しい真鯛を食べました。

DSC02643.jpg

友人が生の白身は食べられないので、と伝えて置いたら、
白身の天ぷらにしてくれました。
これも味見させてもらいましたが、
丁度いい揚げ加減、白身の天ぷらと言えば、
キスやメゴチが多いですが、鯛も美味しい。

DSC02645.jpg
八寸は見た目がきれいで、目が喜ぶ感じ、

脇屋さんのお店 Wakiya一笑美茶樓と同じタイプの器
僕の好きなタイプです。

蟹と菊の花の酢和えやチアユ、ゴリの佃煮、
カラスミの衣揚げ、鴨の煮凝りにはフォアグラを
挟んである、どれも完成度がとても高い大満足です。

DSC02650.jpg

秋鮭の幽庵焼き
秋はやっぱり鮭ですね。

DSC02651.jpg
DSC02652.jpg

炊き合わせは野菜に海老の出汁が効いていて
隠れた手間が相当かかっている煮物になっている、
これも絶品です。

DSC02654.jpg

ご飯は、始めからお茶と胡麻ダレが入っていて
見た目は味噌汁ですが、絶品鯛茶漬け、
濃口醤油に胡麻ダレが良い塩梅で、
織部焼の釜で焚いているのも、
美味しい理由でしょうね。

漬け物はご主人のお母様から
受け継いでいるお漬物なんだとか。
このぬか漬け、50年近い糠だそうで、
コクがあって、素材の食感もとても美味しくて、
ぜひ味わっていただきたい一品です。

DSC02658.jpg
DSC02659.jpg
DSC02661.jpg
DSC02663.jpg

デザートもよくできていて美味しい、
はし本さんも僕の大切なお気に入りの、
お店の一つになりました。

銀座で懐石料理を作る板前さんと美容室で ヘアをデザインする美容師の仕事似ています。

DSC01627_20150816124500c90.jpg

今年の夏は美味しいものを食べに行くことが、
多くて楽しい、銀座 懐石料理
馳走 卒啄(ちそうそったく)さんも
とてもおいしいお店です。

お店で料理を見ていて、板前さんの作る料理と
美容師が作るヘアデザインはとても似ているとおもいました。

懐石料理は素材の走り・旬・名残を
うまく使い分けていきます、
ヘアのデザインもそれと同じように、
季節を先取りしたり、旬のデザインを提案したりします。

美味しい料理を最高に引き立てるのは器、
綺麗な器があってより料理が美味しくなります。

同じようにお顔も素敵なヘアスタイルがあって初めて、
可愛くなったり綺麗になったりします。

器と料理が引き立てあうように、
ヘアとお顔も引き立てあいます。


馳走 卒啄さんお店の雰囲気や女将さんは
とても素敵ですし、夏野菜も見た目も美しく
盛りつけられていて、器もとても素敵ですし、

実際にどれも美味しく、
出てくる料理をあっと言う間に
食べてしまいました。

野菜は江戸伝統野菜、京野菜、加賀野菜を
使った料理で、無農薬、有機栽培を実践する農家から、
より選りすぐりの野菜を仕入れているお店です。
今日はどんな美味しい料理が出てくるか、とても楽しみです。

DSC01601_20150816124317426.jpg

うざく
胡瓜とウナギの酢の物上にハリ生姜がのってます。
種を抜いてある胡瓜なのでよりパリパリして
歯触りがとてもいい。

山芋の寒天寄せ無添加のウニのせ
出汁がきいたジュレがかかっていてとてもおいしい

DSC01602.jpg

石川小芋と子茄子といんげん
出汁も飲み干してしまう美味しさです。

DSC01605.jpg

海老とウニとホタテとイカのゼリーよせ生姜がのっていてサッパリしていて、
夏の暑さを忘れさせてくれます。

DSC01607.jpg

京野菜のおしたし
野菜の味がしっかりしていて、お出汁の味もしみています。
手前のゴマダレを付けると、味がかわってまたいい感じ、
グリーンの野菜は大根です、

DSC01609_20150816124322641.jpg

姫サザエとヒラメのワタを寒天にしたものと
かに玉みたいなものそしてキュウリとイカの酢の物

DSC01611_2015081612435238f.jpg

お椀は卵豆腐と鱧、オクラのすり流しとエビときくらげ
きくらげがコリコリで美味しい、こんな美味しいきくらげ
初めて食べました。

DSC01612_20150816124353fc0.jpg

さっぱりとして夏の味、甘すぎず、薄すぎず、出汁が美味しい、
やはり日本料理はお椀が命ですね。

DSC01613_20150816124355179.jpg

アマダイの押しずし、
味が上品で何個でも食べられそう、

DSC01615.jpg

イカとホタテ、ヒラメのウニはさみ、鱧の梅肉のせにかんぱち、

DSC01617.jpg

冬瓜と湯葉のかわいい鍋の煮込み

DSC01619.jpg

角切りのホタテとイカが入っていて山椒がきいていて、
ちょっとピリッとしたスープ

DSC01621.jpg

カマスの焼物  おいしい

DSC01622.jpg

あなごの炊き込みごはん
ご飯がおいしいのはもちろんですが、

DSC01624_201508161244326d1.jpg

おしんこの水ナスがすごく美味しい

DSC01625_201508161244331a1.jpg

デザート
白玉のあんこ黒蜜がけ
和食は、少しずついろいろと楽しめて、
本当に美味しい。
こんな美味しいお店が目黒にほしいです。
HAIR GRACE目黒駅前店
℡  03-3473-5091

お店のアドレスですhttp://www.ginza-sottaku.com/

銀座米村、懐石料理,歌舞伎座,新橋演舞場そば 美容院、美容室もあり,浴衣の方もいました。

DSC01455111.jpg

前から一度行ってみたいと思っていた、
懐石料理、銀座米村に行ってきました。
米村の料理は、江戸料理の中から現代にアレンジした料理、
新江戸料理にチャレンジしています。

米村の料理は素材の味を、素材以上に引き出す努力をしているとのこと、
美容の仕事と似ていますね。

どんな美味しい料理が出てくるか、とても楽しみです。

DSC01530111.jpg

場所は歌舞伎座から徒歩5分位、

DSC01445111_2015080613362987c.jpg


歌舞伎座にゆかた、合いますね、

DSC01448111.jpg

新橋演舞場の隣にあります。

DSC01458111.jpg

料理が出てきました、先付が露冬瓜、車海老艶煮、小倉、ブロッコリー、
フォアグラ羹、寄せ蓴菜(じゅんさい)、南瓜かすてら、鶉卵たまり漬、
根芋緑酢掛け、岩茸、

フォアグラ羹は味が濃厚でしたし、じゅんさいは、
とてもさわやかな気持ちにさせてくれる、
一つ一つ、本当に丁寧に作られていて、
器もとてもきれい、感動もんです。

DSC01462111.jpg

お椀、鮎沢煮、水菜、三つ葉、白髪葱、独活、椎茸、
お椀を開けた時にちょっとビックリ、
お吸い物に鮎かよって、食べてみて二度ビックリ、

鮎は今までに、お造りや塩焼き、甘露煮やてんぷら、
いろんな食べ方をしてますが、
今まで食べた鮎の中で一番おいしい、
しかも中に入っている野菜の触感がすごくいい、お見事です。

DSC01463111.jpg

お刺身、伊佐木、葱卸し、岩茸、白烏賊、、とろろ、
鶉卵、蓮芋、
お刺身にはワサビ醤油と決めつけないで、別な美味しい方法を考える、
この発想好きだな、新しい発見、これもありだと思う、
何回も食べたい味、美味しい、この器もいいな。

DSC01468111.jpg

料理が美味しいと冷酒を飲みたくなる、料理に合わせて辛口を注文、
お猪口に金のラインが入っていて、デザインも綺麗、徳利もガラス、
夏はガラスの器がとてもいい。

DSC01477111.jpg

焼物、海老薯玉蜀黍焼、姫栄螺若草焼、 はじかみ、青唐、檸檬とまと、
海老はプリプリですし、姫さざえもガーリックバターが
きいていてとても美味しい、
レモントマトの酸味が清涼感を感じさせてくれる。

DSC01487111.jpg

煮物、江戸のっぺい、鴨丸、菅牛蒡、石川小芋、翡翠茄子、巻湯葉、
すべてが金色の鍋、この鍋で板前さんがその場で作ってくれる、

DSC01491111_20150806122339e80.jpg

鴨丸が口の中に入ると解けるぐらい、細かいミンチになっていて、ビックリ、
板前さんにお聞きしたら、よくぞ聞いてくれましたとばかりに、
かなり気合を入れて、相当長い時間かけて作ったそうです、

こんな会話も楽しみの一つです。
美味しいしか言葉が出ない。
そして出汁が素晴らしい、ずっと飲んでいたい。

DSC01509111.jpg

食事、鯛焼飯、蕎麦実
止め椀、白瓜、糸瓜、冷やし汁、芽葱、
香物、大根梅肉、小梅、奈良漬

この状態で少し待つ、おこげを作ってくれます。
おこげ好きなので、多めに頼みました。

釜飯でもそうなのですが、最近、美味しいおこげを作れる料理人が
少なくなったように感じます。米村さんはどうでしょうか、
一杯目のごはんは少しおこげが少なめ、二杯目のごはんが完璧なおこげ、
一杯目を食べる時間(夫婦で早い)も計算して、おこげを作ってくれました。
美容師もこうでなくてはですね。

DSC01514111.jpg

鯛の焼き飯、米村の看板メニューみたいですが、
香ばしい香りともちもちした食感がとてもおいしい、
ソバの実がふりかけのようになっていてこれもいい、

お椀は出汁が本当に美味しい、
どうしたらこんなに美味しいお吸い物を作れるんだ。

DSC01515111.jpg

お吸い物に使われていたこのガラスの器、今日の器の中で一番好き


DSC01518111.jpg

水菓子、利休いちぢく、メロン、杏ババロア、西瓜糖

利休いちぢくにかかっている胡麻が濃厚で美味しい、
懐石料理のデザートは、フルーツが多いですが、
米村さんのデザートは一味違う、

最後まで料理を楽しみながら美味しくいただきました、
今まで食べた和食のお店で一番おいしいかも、
宝くじが当たったら、家族できたいです。

米村さんのホームページアドレスですhttp://www.yonemura1929.jp/

HAIR GRACE目黒駅前店
℡  03-3473-5091




東京目黒にある、美味しい和食屋、壱さん、うちの美容室 (美容院)から徒歩6分くらいです。

DSC01133.jpg

美味しいレストランの紹介を、もっと載せてほしいと
お客様からご希望がありましたので、
これから、少しずつ載せていこうと思います。

今回紹介する目黒駅から歩いて6分ぐらいの場所にある
和食屋、壱(いち)さんは料金も良心的ですし、
何を食べても美味しいお店だと思います。

DSC01113.jpg

玉ねぎのフラン
お店の定番メニューです。

DSC01116.jpg

お刺身の盛り合わせ
タコとカツオのたたきとホウボウ、
もう一品は忘れましたが、どれもいい感じ

DSC01117.jpg

白魚の天ぷら
これも行ける、お酒がすすむ、

DSC01120.jpg

太刀魚の塩焼き
太刀魚はお刺身が一番好きだけど、
塩焼きも美味しい

DSC01122.jpg

蛤のお吸い物
蛤の貝の弾力を楽しみ、旨味が染み出た出汁を口に含むと、
これは美味しい、本日の一等賞かも、

DSC01125.jpg

佐賀牛炭火焼き 岩塩、にんにく味噌か山葵で、

炭火でレアに焼かれていたので、焼き加減も丁度いい
にんにく味噌、ワサビ、岩塩が添えてあったけど、、
岩塩でシンプルに食べるのが一番美味しいと思った。

最近サシの入った和牛はあまり食べないけど、
このくらいの焼き加減だったら、食べ易すい。

DSC01128.jpg

ズワイ蟹の炊き込みご飯 赤出汁

炊込みご飯は、タップリずわい蟹が入っているし、
ご飯にも蟹の旨味が染み込んでいて、
蟹の味を満喫できるごはんでした。

赤出汁もしっかり出汁の風味が効いていて、
日本人の感性は素晴らしいと思う。

DSC01130.jpg

シャーベット
このシャーベット、甘味だけでなく酸味もあり、
とてもバランスがいい、
このシャーベットが口の中をスッキリさせてくれて、
これで終わりですと感じさせてくれる。

料理の出し方もよく計算されていたし、
接客もとても気持ちいいお店です。

下に場所を載せておきませね
http://ryouriya-ichi.com/menu.html

map.jpg
プロフィール

hairgrace

Author:hairgrace
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード